感謝します

暑い毎日が続く中、スタッフの皆さんは本当によく頑張ってくれています。福祉工場の中は蒸し風呂のように暑くなるときもあり、指導員、従業員共に大変だなと思えば、草刈りや農作業と忙しく、横を見れば高齢者の皆さんを送り迎えしたり、施設の中で働く人は涼しい所で働いていると思われがちですがこれがまた大変で、みんな走り回っています。スタッフが働いている姿を見ると「感謝しなくては」と思います。
もうすぐ三寿福祉会の夏祭りが開催されます。今はその準備で”あたふた”と大忙しです。今年は旭がオープンしたので夏祭りの開催場所も旭で行います。利用者の皆さんも楽しむにしておられるので、盛大に行いたいと思います。

減少

8月になりました。相変わらず暑い日が続いています。夏バテしそうな感じですが体重は少しも減らず、元気だけが取り得の自分が羨ましいような、そうでないような・・・
先月26日付で国民健康保険中央会が発表した介護給付費の実態を見ると、前年度比2.8%の減少となっているそうです。介護報酬改定直後の4月提供分の集計で、改定直前の3月分と比較すると、訪問・通所系で11%の減。ゼロ改定だった施設も6%の減となっています。この数字を見ると介護保険指定事業所はかなり苦しい経営状態になっているのではないでしょうか。
最近ではいろんなところでの「無駄遣い」が発覚している行政。その中枢となっているこの国のお偉い方々はこの状況をどのように理解し、今後の福祉行政に役立てていくのでしょうか。福祉の分野は多岐にわたるものが多く、どれをとっても見ても疎かに出来ないものばかりです。「相手の立場になって物事を考える」。お偉い方々も銭勘定もいいですが、自分が福祉サービスを利用する立場に追い込まれたときの事も考えてみてはどうですか?そうすると税金の無駄遣いも減少し、暮らしやすい国が誕生するかもしれません。
日本の貧困率は先進国の中でも非常に高いと言われています。このデータの中には様々な経済情勢や、雇用率の問題など細かな数字が反映されているようです。本当に景気は回復しているのか。一部の金持ちだけが優遇されるような政策を掲げているようなら、この貧困率も減少はしないでしょう。過去を振り返っても仕方ないでしょうが、古き良き時代の日本という国を思い返して見てはどうでしょうか。

暑い!

今日も一日暑かったです。施設の中は快適ですが、一歩外へ出るとたまらなく暑い!
暑いのは嫌いではないですけど、出てくる言葉は合い言葉のように「暑い」としか言えません。
三寿福祉会の各施設には植木や芝生がたくさんあります。夕方になればそれぞれ打ち水をしてします。夕立でも降れば良いのですが、こちらの思うようにはいきません。打ち水をすれば植木や芝生も喜びます。それと少しは涼しくなります。施設で生活されている利用者さんも、この涼しさを感じていただければ良いなと思っています。
しかし、この打ち水は時間もかかるわ、夕方と言えどもやっぱり暑い!
夏ですから暑いのは当たり前ですけど。

ブログの開始

三寿福祉会のホームページが新しくなろうとしています。いつもながらW先生にお世話になりながら少しずつ進んでいます。
今までの最新情報(といってもただの日記ですが)からブログ形式に変更になりました。ブログになったからといって中身が変わるわけでもありませんが、皆さんからのコメントを受けることが出来ますのでよろしくお願いします。最近は日記もさぼっていたのでこれを機に毎日更新したいと思います(思うだけですが。)
三寿福祉会では現在非常に慌ただしい毎日を送っています。4月から障害者自立支援法がスタートして、知的障害者関係では毎日が試行錯誤の繰り返しです。また10月から知的障害者のグループホームや福祉工場が新体系に移行しなければならず、つわぶき苑もそれに併せて新体系への移行準備に追われています。未だ明確な情報がなく、どうしたものかと不安が募る毎日です。
介護保険関係も今年度から「介護サービスの情報の公表」が制度化され、各事業所ではその内容を理解するために研鑽を積んでいます。またしばらく忙しい毎日が続くのかと思うと非常にネガティブな気持ちになってしまいます。