アメニティかつらぎ

8月19日(土)姉妹施設の「介護老人保健施設アメニティかつらぎ」で第1回夏祭りが開催されました。初めての試みで、上手くいくのかどうかという心配を職員の皆さんは思われていたみたいですが、大成功に終わったのではないでしょうか。私も手伝い(というより、ほとんど個人的に楽しんでました)に行き、見学させていただいたのですが、自分たちもいろいろと学ぶべきことがたくさんあることに気付きました。
当日は、夜店の手伝いで「焼きそば」を担当していたのですが、どこからともなく聞こえてくる言葉が「あのお兄ちゃんたち、慣れてるなぁ。ほんまもんかな?」みなさん想像されることは同じかと思いますが、焼きそばを焼くのが本職と思われていたみたいです。まぁ言い方を変えれば、それだけ頑張って焼きそばを焼いていたと言うことです。みなさん何事も一所懸命になって頑張ることが大切ですよ

説明会

今日は障害者自立支援法に関する事業者説明会に行ってきました。10月から新たに新体系のサービス提供がスタートするための事前説明会でした。いろいろ説明を聞いていると納得のいかないものであったり、理解しがたい内容であったり。頭の中では整理できていたつもりが、勘違いしていたことがあったり。ただ一つだけはっきりと言えることは「することが山積みで、時間がない!」ということだけが明確に言えます。
その反面、”こんなことは最初からわかっていたのに、いまさら何をバタバタしてるんや”と心の中で自分に言い返したりしています。
自分自身が心の中では二人いて、言い争いをしている感じがします。”はぁ〜”っとため息をついても仕方ないのですが、ついつい出てしまいますなぁ。めげずに明日からがんばろ^^

静か

世間ではお盆ということで、施設の周辺もすごく静かです。三寿福祉会の施設は「テクノパークなら」という工場団地の片隅に位置しています。そのため、正月やゴールデンウイーク、お盆休みなどは車も通らず、本当に静かです。しかし、施設ではそんなことは関係ありません。盆も正月もないんです。利用者のみなさんが生活されている以上、24時間365日の業務が続くわけです。
周辺が静かというのは、一日の時間がゆっくりと流れているような気がします。今日は気持ちもゆったりとした感じで過ごせました。
あと一日くらいはこの静かな時間を感じることができます。今日は気持ちはゆったりとしていたんですが、仕事量は相変わらずでした。

相変わらず

相変わらず更新していません。毎日毎日ネタが出てこないんです。それだけ平穏なのかなと思いますが。この平穏さが逆に言えば恐い結果になりかねないのです。
理事長がよく言われる言葉の中に「何もないときほど気を引き締めなさい」と言われることがあります。これは大きな事故もなく、「無事に過ごしていると大切なことを見過ごしてしまう」という意味です。
何か異変があればそれだけ注意して行動するものですが、異変がない、特に何もないというときは、安心感みたいなものが生まれて注意力散漫になってしまいます。そんなときに大きな事故を引き起こす、人間の心理です。
世間では盆休みで賑わっています。施設でもスタッフは交代で夏休みをとっていますが、こういうときほど危険なので、少し緊張感を持って仕事したいと思います。

一難去って・・・

台風7号、奈良県には影響なくて良かったです。とりあえず一難去ってと言う感じですが、三重県や静岡県などでは雨が強かったり波が高かったりと、大変な事になっていたようです。
今日も一日気が付けばこんな時間。いつも同じ事の繰り返しみたいな感じですが、大なり小なり色んな問題が発生したり、または一つの問題を解決できずに何日も引きずっていたり。一日がすごく早く感じるようになりました。これも年のせいと言うことか、それとも他に原因があるのか。考えるのも面倒なので年のせいにしておきます。