「新年度」~「基本の大切さ」

    今年の冬は暖冬だったとはいえ、やっと「寒さ」から解放され若葉芽吹く季節となってきました。
4月を迎え、本来なら「花見」など世間は賑やかさを増し、学生は「新入生入学」「新学期」。会社においては「新入社員入社」「新年度」を迎え、新しいスタート切る季節ですね。しかし、今年は新型コロナウイルスが猛威を振るい、ある種、異様な光景を目にします。これも感染拡大を防ぐためには仕方のないことと思います。
さて当法人も令和2年度「新年度」を迎えました。「新年度」スタートにあたり事業計画書を作成し、職員一同その事業計画書を基に当法人をご利用の皆様に喜んでいただけるように取り組んで参りたいと思っています。
先にも述べましたが、現実は「新型コロナウイルス」が全世界的な流行が続いています。収束のめどもたっていません。日本においては「不要不急な外出の自粛」が求められ、私たちの社会生活だけでなく、経済にも大きな影響を及ぼしています。「いつ収束するのか?」「ワクチンはいつ開発されるのか?」と不安な日々が続いています。
全世界において様々な「ウイルス」「細菌」による病気は沢山あります。例えば「インフルエンザ」については、その症状の報告が「紀元前」にさかのぼる事が出来ます。今は「ワクチン」が開発され、予防接種し自己予防さえすれば「生命」に関わるような重篤な状態は、ある程度避ける事が出来るようになりました。
しかし、「インフルエンザ」もその昔は、今の「新型コロナウイルス」同様に世界的な流行により世界が混乱を招いたという記録が残っています。

社会福祉法人は「感染予防対策」が義務付けられています。
「感染症対策」について、職員一同しっかりとした取組が励行されているでしょうか?
その「感染症対策」が法の義務という事で取組自体が形骸化してしまってはいないでしょうか?
目に見えない「ウイルス」「細菌」を避ける事は難しいですが、予防対策もせずに「インフルエンザに感染した。しょうがない。」となっていないでしょうか?
「インフルエンザ」は治ると分かっているから、という気持ちから出る「気のゆるみ」ではないでしょうか。
私たちは、「免疫力の低下した方」「合併症をお持ちの方」の生命を守る義務があります。
そこに務める職員がいい加減な「予防対策」や「気のゆるみ」を持って仕事に従事する事は、専門職としての資質に欠けると言わざるを得ません。
「インフルエンザ」予防対策とは何でしょうか?「手洗い・手指消毒」が「基本中の基本」です。

今回の「新型コロナウイルス」の流行は憂鬱な日々が続くだけではなく、「世界的混乱」を招いています。
しかし、私たち社会福祉法人に務める専門職として「感染症予防」の基本を適切に理解し、励行しなければなりません。

「迷った時こそ『基本に立ち返って考え、基本に基づき行動する事』が肝要ではないでしょうか?」

 

「求人情報」

社会福祉法人 三寿福祉会では、「事務スタッフ」「介護職員」等を募集しておりますので、お気軽にご連絡してください。いつでも見学可。

「温故知新」

当法人では、この年度末の時期に来年度の「法人年間行事」の日程等について協議します。
大きな法人行事としては「遊春のつどい」「夏まつり」「文化祭」があります。
これらの行事にはそれぞれ開催の主旨があり、それぞれ始まった時期は違います。例えば「遊春の集い」は平成10年、「夏祭り」は平成元年、「文化祭」は平成16年より、法人三大行事として毎年恒例で開催されています。
毎年、全職員協力して段取り良く準備をして開催しています。しかし、違う視点で行事の準備を見ると「行事の準備する顔ぶれが変わらない」「毎年ほぼ同じ内容となっているのではないか?」という疑問点が見えてきました。
今、福祉の現場でも「PDCAサイクルに基づき業務を取り組む」という考え方が一般化してきている中、当法人の行事の取り組み方はどうだろうか?
結局、本来の各行事開催の主旨が薄れてしまい、「行事を開催している」だけになってしまっていないか?「PDCAサイクル」の考えを持たないまま「PD・PD・PD・・・」となってしまっていないか?

「温故知新」・・・「温故知新(おんこちしん)」は孔子の言葉をまとめた『論語』を出典とする言葉です。「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」と訓読みします。「古きを訪ねて」という書き方は誤りです。全体の文を現代語訳にすると「古くからの教えを学び、そこに新しい解釈を得るのがよい。」となります。また、「温故知新」の「温」は「復習する」「温めなおして味わう」という意味があります。
当法人の様々な事業をご利用になられる多くの方々は、当法人が開設してから、「措置」から「契約」へと各種サービスを利用する仕組みや社会福祉法人が求められる社会的要請が時代と共に変わっただけではなく、そのサービスをご利用される方々のニーズも大きく変わってきています。

私たちは、当法人が全体で開催する各行事の主旨を再確認し、理解し、その主旨のもと、今のご利用者のニーズに合った行事作りが必要ではないだろうか?
行事だけでなく、業務について「これまでのやり方の本来の意味」を振り返る事で「今の時代に合った新しい解釈・方法を取り入れる事」も必要である事を職員全員で理解し、新年度を迎えたいと思っています。

「正確な情報」と「適切な対応」

  「正確な情報」と「適切な対応」

今年は暖冬。この時期といえば、インフルエンザ等の感染症。インフルエンザの感染者数は昨年の同じ時期の累積感染者数930万人と比較して、今年は503万人との事。国立感染症研究所の週間感染者数も減少傾向にあるようですが、今後、拡大する可能性も否定されていません。「手洗い・消毒」「うがい」の予防を怠らない様にしたいものですね。

今、新型コロナウイルスの感染が世界的な拡がりで、WHO(世界保健機関)から「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と非常事態宣言を発表されました。
世界20か国以上でで1万人を超える勢いで感染拡大。死者は220名以上。
また、日本においても1月16日に初の感染があって以降、徐々に感染者が増え始めています。これを受けて政府は新型コロナウイルスを感染症法上の「指定感染症」併せて検疫法上の「検疫感染症」とする政令を2月1日に施行する予定です。
生命に関わる問題でありますので、「新型コロナウイルスの情報・予防方法」や「感染者数や県・市町村」等の情報が次々と発表されています。当然、その情報がなければ個々の「予防対策」もとれませんので必要な情報です。しかし、残念ながら感染された方々の移動経路等の情報まで伝える事については賛否両論ですね。
また、SNS上では、「感染された方が特定されるような情報」「感染された方の職種や職業に対する誹謗中傷」「不安をあおるような情報」が散乱してしまっています。
こんな時こそ落ち着いて「正確な情報」に基づき「適切な(予防)対応」を心掛ける必要があるのではないでしょうか。
暖冬とは言え、まだまだ寒い日々が続きます。様々な感染症予防に努め、健康に留意しこの冬を乗り切りましょう。

謹賀新年2020

新年明けましておめでとうございます。

皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。

 

昨年5月には新年号「令和」が始まり、新しい時代の幕開けとなりました。

しかし、昨年も台風15号をはじめとする自然災害により全国で甚大な被害があり、介護施設が水没する等、他人事ではすまない事態となりました。また、今なお避難生活を余儀なくされている方々にお見舞い申し上げます。

今年は、平和な一年でありますように。。。

 

2020年、皆様のご健勝とご発展を心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます